そえだの勝ブログ

改めて「地域見守り体制再点検」を ~登戸殺傷事件の悲劇をうけて~

今回の登戸殺傷事件について、お亡くなりになられました方々のご冥福を心よりお祈り致します。また、重軽傷を負われた方々、そして、被害者のご親族に対し、お見舞い申し上げます。

この悲劇は被害にあった子供達と同じくらいの子を持つ親として、本当に悲しく、そして、許し難い気持ちであり、親御さんの気持ちを考えるといかばかりかと思います。私も現場に参りましたが、血痕が残る凄惨な状況を目の当たりにし、改めて事件の痛ましさを思い知らされました。被害者とご家族のケアや再発防止に向けて、行政としてできることを明確にし動いていきます。

さて、事件翌日のブログゆえ、この事件の全容や真相はまだこれからのため、今すぐ考えるべきと思ったことを少し書きます。それは、「地域の見守り体制の再点検」です。ちろん、地域の各自治会を中心にすでに行っているところが多くありますし、それに対しては本当に頭の下がる思いです。

しかし、その手法について、子供たちを犯罪から守るため、これを機にもう一度、考える機会にすべきと思います。

例えば、実施している見守り支援は

・高齢運転者対策として、「交通安全の観点に偏ってはいないか」
・交通量の多い交差点のみならず、「通学路の死角になりやすい箇所にも立つ」必要はないか
・早朝の散歩時間を1-2時間程度遅らせ、子供の通学時間(7:30-8:00頃)に合わせてみてはどうか
・下校時間帯にも、散歩してみてはどうか。あるいは通学路を中心にいろいろなルートや時間帯の散歩することはどうか
・散歩仲間を作り、担当通学路コースを決め、網羅的にフォローしていく手法はどうか
・自治会や住民パワーのみでは見守りきれない、死角の通学路には防犯カメラ設置を視野に入れることは有効か

~~等々

今回の事件が起きたことに対し再発防止に向け、中長期的には加害者を出さないために、教育問題や家庭環境改善、孤独者をつくらないコミュニティ施策等といったすべき課題は山積ですが、今回は「今すぐにやれること、やるべきこと」という観点から、「まずはこれ以上、被害者を増やさない」ために情報発信をしました。もっともっと他にもいろいろありますが、地域事情がありますので、皆様にお考え頂くきっかけになればと思い書きました。また、別の機会に、中長期的な話はさせて頂きたいと思います。

最後に繰り返しになりますが、この度、被害にあわれた方々に心からお見舞い申し上げます。改めて私も市議として被害者の方々のお役に立つべく、何ができるかを考え行動して参ります。


0042.JPG

カテゴリ:

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、そえだ勝の公式 Webサイトが2019年5月29日 16:47に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「新しい任期がスタート ~新議員60人が初めて勢ぞろいしました~」です。

次のブログ記事は「紛争地域に古ランドセルを送ろう!! ~アフガニスタンの子供たちへ~」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。