そえだの勝ブログ

川崎市議会議員候補 そえだ勝の実績とは?

川崎市議会議員候補のそえだ勝です。(宮前区選挙区)

これまでの2期8年の実績を振り返り、お伝えさせて頂ければと思います。

●逆・介護保険
私はこれまで、逆・介護保険(川崎市名称・健幸福寿プロジェクト)を、2013年に提案し、福田市長がこの政策を採用してくれ、モデル事業を2年行い、本実施事業としては3年、計5年になります(政策詳細はマンガにて。また、明後日1日ブログでご説明します)。私の提案・実施により、逆・介護保険に参加した要介護高齢者の実に約70%が、要介護度の維持・改善へと繋がりました。まだまだ、本格スタートして3年の政策ゆえ、課題は多くありますが、着実に成果は出始めています。

●児童虐待防止条例
川崎市議会は戦後70年、議員提案の政策条例がほぼ皆無という状況でした。しかし、議会は市長のチェック機能だけでなく、議員立法も大事な仕事です。そこで、超党派の有志の議員で、私が事務局長役を務め、児童虐待防止条例を提案・成立にこぎ着けました。しかし、まだまだ、増え続ける児童虐待については条例を作ったから終わりではなく、実際に子供の命を守ってこそ意味があるなので、その具体策は三日のブログにて政策をお話します。

●小児医療費無料化の所得制限撤廃
2児の父として、我がことの話です。入院に関しては所得制限を完全撤廃し、中3までの無料化について、福田市長を後押ししました。これはもちろん、財源あっての話です。財源の話をせずに多くの議員は話しますが、私はそんな無責任なことは言いません。公営ギャンブル部門である、川崎競馬の黒字分をそれにあてました。今までは黒字は少なからずギャンブル部門に再投資されていましたが、その流れを変え、「子供の命、そして健康を守る」ことに投資します。財政の裏付けを常に意識して、子育て支援のための行動をしてきました。

他にも税金ではなく民間資金での中学校給食導入や待機児童0への推進、多くの市民の皆様からのご要望にも対応してきたことなどなど、諸々ありますが、あくまでも、子育て・教育・介護を中心に8年間活動してきました。引き続き、仕事をさせてください。

無所属の私、そえだ勝に力をください!!

DSC05441.jpg

--

川崎市宮前区にお住いの皆様、ぜひ私「そえだ勝」へ一票をお願いいたします。

川崎市議会議員選挙の投票日は、2019年4月7日(日)ですが、2019年3月30日~4月6日(土)まで宮前区役所(4階)および宮前区役所向丘出張所にて朝8時~夜8時30分まで、期日前投票も受け付けております。ぜひご利用ください!

カテゴリ:

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、そえだ勝の公式 Webサイトが2019年3月30日 20:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「改めまして「添田勝」です!~川崎市議会議員3期目を目指す理由~」です。

次のブログ記事は「父として子供の範となれるように」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。