• TOPページ  >  
  • そえだ勝ブログ  >  
  • 認知症になっても住み慣れた場所で暮らし続けるために ~RUN伴=認知症に理解を示す方を増やすための駅伝~

そえだの勝ブログ

認知症になっても住み慣れた場所で暮らし続けるために ~RUN伴=認知症に理解を示す方を増やすための駅伝~

先日、親しくさせて頂いている、認知症家族会の皆さんからお誘い頂き、認知症サポーターを象徴する色であるオレンジ色のタスキをつなぐ、RUN伴駅伝に参加しました。

blog301.jpg

これは北海道から沖縄までをオレンジ色のタスキで繋ぐ、認知症に理解を深めてもらおうという全国キャラバンです。


blog302.jpg


当日はあいにくの雨でしたが、実に300人以上の方々が参加し、タスキをつけ走りながら、街行く人に認知症を知ってもらおうと声掛けに頑張っておられました。

blog303.jpg

私も微力ですが参加し、認知症発症者ご本人もおられましたので、サポートしながらの駅伝となりました。

blog304.jpg

走っていて温かい声援もいただき、かえって私が元気をもらった駅伝となりました。引き続き、認知症への理解を市民に深めて頂くべく、来年も参加できればと思いました。


カテゴリ:

このブログ記事について

このページは、そえだ勝の公式 Webサイトが2018年11月15日 21:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「自宅要介護者の新たな避難支援 ~夢見が崎地域包括支援センター~」です。

次のブログ記事は「成年後見制度勉強会 ~現役の後見人の方に講師をお願いしました~」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。