そえだの勝ブログ

新年のご挨拶

明けましておめでとうございます。本年もご指導ご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。

昨年末の議会で明らかになりましたが、逆・介護保険の参加高齢者の方々も500人を突破し、いよいよ、是が非でも成功させねばならない規模になってきました。先の年末のブログで書きましたが500未満の数というのは、傾向を探るサンプルとしては少ないとされます。

逆に言うと、500を超えるサンプルは統計学上、かなりの信頼性が高いデータになるとされています。つまり、逆・介護保険はもう後戻りできない規模になってきたということです。
 
私は今までの選挙において、よく政治家が言う「日本良くします」「教育良くします」「福祉良くします」「経済良くします」等々、誰でも言えるような公約は全く言及しませんでした。それは曖昧であり、有権者の皆さんからは「結局何がしたいの?」「みんなと同じこと言ってるよね」的に受け取られ、関心を持たれなくなるからです。

でも、それは政治家の立場から言えば、実は「楽」です。なぜならば、有権者に何がやりたいか伝わらなければ、「何もせずとも何の文句も言われない」からです。私はそれがいやでした。

だから、極端な話、私が言ってきたのは、逆・介護保険、一本でした(無論、他の分野についても言及していますが)。もちろん、それしかやらないわけではありません。子育てや教育等々、さまざま取り組んでいますが、「逆・介護保険だけは石に噛り付いてでも結果を出します」と明確に市民の皆さんにお伝えしてきました。そして、単に政党の看板や地縁や血縁等で選ばれるような選択肢ではなく、政策で選ばれる選択肢になりたかったからです。

その意味で、500以上の標本ができた新年は、まさに「政策で選ばれた政治家」としての真骨頂が試される年だと思いますゆえ、引き続き、お力添えのほど、よろしくお願い申し上げます。

カテゴリ:

このブログ記事について

このページは、そえだ勝の公式 Webサイトが2018年1月 1日 10:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「脱オムツ」に報酬加算 ~次の介護保険法改正に逆・介護保険の要素~」です。

次のブログ記事は「高所得者の負担割合が3割へ ~次年度介護保険改正で私に問い合わせが多かったものについて①~」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。