そえだの勝ブログ

子どもたちの居場所づくり ~多世代が交流できる場~ 

先日、子供達の放課後の居場所づくりにがんばっておられる方々を訪問してきました。そこでは、暗くなるまで公園で係の方やボランティアの学生が子供達と一緒に汗を流し、そして、その後は宿題のお手伝いをします。私もご一緒させて頂き、童心に返ったように一緒に楽しみました。しかし、おじさんは筋肉痛!?、今は全身が痛い状態で書いています(汗)。アー情けない(涙)。。。

soeda112901.jpg


soeda112902.jpg

子供達もいっぱい運動した後に宿題をするということで、おそらく、頭も活性化された状態でしょう。みんな一生懸命取り組んでいました。

soeda112903.jpg

いよいよ、その後はいわゆる「ご近所のおばちゃん」の手作り夕食です。

soeda112904.jpg

運動し勉強した後の夕食は最高であり、みんなぺろりと食べていました。

さて、ここは行き場のない子供の居場所ではなく、どんな子供でも来れる居場所です。子供の放課後の居場所には部活、学童保育、わくわく(放課後の学校施設の部分開放)、塾等、様々あります。その意味では、ここはそうした枠にはまらない、自由なコンセプトで運営されています。現代は働く親御さんが増えていますから、いわゆる「鍵っ子」も多いため、そうした方々の助けにもなるでしょう。

また、子供達にとっても、自由な場所でもあり、そして、ご近所のおじちゃんおばちゃんとも触れ合える、いわば「多世代交流」にも繋がります。「疑似祖父母・孫交流」的にもなりますから、祖父母世代は生きがいの創出、孫世代は優しい心を育むことにも繋がるでしょう。このように、こうした取組は学童を持つ親御さんの力になるだけでなく、他の方々への波及効果もあります。引き続き、待機児童解消は勿論、こうした取組も応援していきたいと思います。

カテゴリ:

このブログ記事について

このページは、そえだ勝の公式 Webサイトが2017年11月29日 10:23に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「地域包括ケアシステム構築に向けて ~事例発表会の審査員でした~」です。

次のブログ記事は「お母さんの駆け込み寺を守りたい! ~母子支援施設のクリスマス会~」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。