• TOPページ  >  
  • そえだ勝ブログ  >  
  • 認知症の方の徘徊には理由があるから理解しよう!~認知症を知る「認知症サポーター」を国民の1割に~

そえだの勝ブログ

認知症の方の徘徊には理由があるから理解しよう!~認知症を知る「認知症サポーター」を国民の1割に~

日本の65歳以上の認知症高齢者数は2012年で462万人と推計され、団塊世代が後期高齢者になる2025年頃には約700万人に達すると予測されています。

それに向けて、認知症対策の国家戦略(新オレンジプラン)において、認知症サポート医師を1万人、認知症サポーターを全人口の1割に当たる1200万人に増やすことが目標設定されました。

●認知症サポート医
=認知症の診断に関して、地域のかかりつけ医に助言する役割の医師

●認知症サポーター
=患者や家族が地域で安心して暮らせるように支援する役割の人たち。より詳しく言うと以下です。
=認知症を正しく理解し、認知症の人やその家族をボランティア活動として応援する役割を担います。自治体等が開く養成講座に参加すれば国籍・年齢・性別等を問わず、誰でもなることができ、最近では小中学校でも講座を開催し、行政はそのすそ野を広げるべく努めています。

そうして養成されたサポーター各人が暮らす地域で、認知症患者を見守ったり、その家族が安心して暮らせるように手助けしたりします。最近ではその関心も高くなり、昨年時点で約880万人近くに増えました。

重要なことゆえ、少し長く解説してしまいました、すみません。

今後、財政的制約もあり、介護施設を無尽蔵に増やすことができない昨今、高齢者の方々は認知症を発症しても、自宅で住み続けるケースが増えていきます。そんな中、重要な役割を果たすのが認知症サポーターです。(*もちろん、認知症サポート医師も大切ですが、今回は一般の方向けにサポーターの重要性に特化して書いています。)

認知症サポーターは、なにも特別なことを求められているわけではありません。認知症について理解し、偏見を持たずに、認知症の人や家族に対して温かい目で見守ることから始まります。認知症の方ご本人やそのご家族を応援する役割です。認知症サポーター養成講座を受講した、認知症サポーターには「認知症の人を応援するよ」という意思を示すものとしてオレンジリングが渡されます。

2359.jpg
 
例えば、街を歩いているとき、「この方は認知症かな」と思って声をかける際は、オレンジリングを身につけていることで、周囲からも「認知症の人のお手伝いをしるんだな」と、一目でわかる場合があります。

認知症の方の徘徊は、「今、なぜ自分がここにいるのかわからない」という思いで歩いていると思われていますが、そんなことはありません!!

認知症の方は皆、「なんらかの理由や目的」があって、徘徊をしている場合が大半です。例えばそれが何十年の前の話であったり、全く異なる場所での話であったり、妄想の世界であったり、支離滅裂なものであったりしたとしても、もし、そんな方を街で見かけたら、「あんた、言ってること変だよ。頭大丈夫?」と声をかけるのはNGです。パニックになり、もっと事態は深刻化します。

そうではなく、「なぜここを歩いているか」をまずは聞いてあげることが大切です。理由を聞くのはあくまで1例ですが、とにかく、認知症の方の気持ちを落ち着かせることが何よりも肝要ですので、「(笑顔で)大丈夫ですよ。どうしました?」と、声掛けしてください。そのうえで、交番や役所につなぐとか、その方が連絡先等の情報を持っていればそこに連絡するとか、独力での対応に不安があるならば通りがかりの人と対応を考える等、方法はいくらでもあります。

そのためにも、まずは「認知症の方について知ること」からすべては始まります。認知症サポーター講座を受け、ぜひ、皆さんにも「認知症サポーターの一人」として、地域で見守って頂く一助になってもらえれば幸いです。ご関心ある方には、私からも情報を提供しますので、ご連絡ください。

カテゴリ:

このブログ記事について

このページは、そえだ勝の公式 Webサイトが2017年8月 2日 09:52に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「介護支援だけでなく、暮らしの支援も大切 ~高齢社会は生活支援コーディネーター~」です。

次のブログ記事は「「逆介護保険」について、議会で質問致しました(1)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。