そえだの勝ブログ

必要ならケアがある高齢者の方々の共同体 ~都内郊外のCCRC見学へ~

先日、東京都多摩市のCCRCの先行事例といえる、「ゆいまーる中沢」さんへ行ってきました。この訪問を通じ、川崎市でその政策を応用していくには何が必要かの思索を深めるための訪問です。

CCRCとは、Continuing Care Retirement Communityの略で、直訳すると、「継続的なケア付きの高齢者の共同体」。これはアメリカ発祥の概念で、ご高齢の方が退職後、健康的に第2の人生を楽しめる街をつくろうというもの。元気なうちに地方へ移住し、必要あれば医療や介護が受けられるため、そこに住み続けることができるという街のイメージ。この考え方は、政府が高齢者の地方移住を促進し、首都圏の人口集中の緩和と地方の活性化へと繋げていこうとの狙いから進められています。

もちろん、私は川崎のご高齢者の地方移住を促しているのではなく、川崎にも麻生区などにはまだ使われていない土地がそこそこ存在するため、そういう場所にCCRCのようなインフラを整備できないかということを考えての訪問です。また、地方移転という概念を除いたこの考え方自体は、非常に共鳴できます。人はいくつになっても楽しく活き活きとして、そして、役目と出番があることが大きな生きがいになりますから、それを実践しようとするCCRCは面白い概念です。それが健康へと繋がっていく話である一方、いざ医療や介護が必要になれば安心して、その場所ですべてがワンストップで完了するというのがCCRCです。

さて、少し前置きが長くなりましたが、ゆいまーる中沢さんは元々は団地再生を目的の一つとして整備されたCCRCです。そして、民間である同社と多摩区がタイアップして構築されて現在に至ります。

p7_1308.jpg


かねてより、多摩区は医療機関を中心としたまちづくりに注力してきました。その近くに存在した空室が多くなった団地の再生を組み合わせたのがここのCCRCです。要介護高齢者と「一人で暮らすのは不安」という健康高齢者とが共同生活を送っています。24時間生活支援員が配置され緊急時にはいつでも駆けつけられるようになっており、また、医療機関も同敷地内にあるため、居住者は安心して暮らしているようです。

ただ、言わずもがなですが、福祉施設と医療機関を併設するためには一定の敷地が必要であり、地価が決して低いわけでもなく多摩市程の広大な空き地を有するわけでもない川崎市ではその確保が簡単ではありません。よって、CCRCの発想は必要ですが、川崎においては広大な敷地でそれを行う手法だけでなく、ダウンサイジングした形での手法を考える必要があると思いました。

「生涯現役で支えあう社会」というのがそもそものCCRCの発想です。その点では今後より深刻化していく少子高齢社会を鑑み、やはりその発想は妥当と考えます。既述のようにダウンサイジングという形も一つですが、川崎市では他にもどのような手法が応用できるか、今後は他のCCRCの見学も行いながらより、思慮を深めて参ります。

カテゴリ:

このブログ記事について

このページは、そえだ勝の公式 Webサイトが2016年10月31日 19:23に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「夏は毎週「逆・介護保険」の講演でした② ~大分県某自治体の介護保険事業者~」です。

次のブログ記事は「徘徊高齢者を探すQRコード ~(株)オレンジリンクスの取り組み~」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。