• TOPページ  >  
  • そえだ勝ブログ  >  
  • 浪江町立請戸小学校の奇跡 ~先生と生徒が一丸となって津波に立ち向かった感動の生還劇~

そえだの勝ブログ

浪江町立請戸小学校の奇跡 ~先生と生徒が一丸となって津波に立ち向かった感動の生還劇~

 前回予告したように、請戸小学校についてです。
 請戸小は海に面する場所にあったため、もろに津波に襲われたものの、誰一人飲み込まれることなく、全員が生還できました。

20160307.JPG

 卒業式を目前に控えた大事な時期に容赦なく津波が押し寄せました。

20160307_2.JPG

20160307_3.JPG

20160307_4.JPG

 その際、先生は全員を学校から数キロ離れた高台に逃げるよう指示し、高学年はもちろん、低学年も火事場の馬鹿力でなんとか全員がそこに到達し、一命をとりとめました。

2016037_5.JPG

20160307_6.JPG

 さて、この出来事ですが、何が奇跡かというと、上図の赤丸の部分、「請戸城跡」が高台の位置ですが、実はそこに誘導したのが先生ではなく、「生徒」であったのです。

20160301soeda (3).JPG

 もちろん、先生はその城跡が安全であることを普段からご存知であり、先生の誘導でそこに生徒たちは向かいましたが、その途中、そこに至る通常ルートには津波が迫り、行く手を阻まれました。

 一行が途方に暮れる中、その城跡でよく遊びまわっていた生徒が「僕が案内する」と言って、通常にはない山道を案内し、間一髪のところで全員が城跡に登ることができ事なきを得ました。

 その後、先生たちは「我が子に早く会いたい」と焦って連絡をしてくる保護者に次のように伝えました。
「絶対に高台付近には近づくな。波が引かなければあなた達が死ぬ。私たちが最後まで守る。自分の無事を考えてくれ」と。
 そして、津波が落ち着いてから、無事に保護者と生徒たちが再会へとこぎ着けました。

 子供が外で元気に遊んでいたからこそ道が開け、一方、先生もその子に運命を託した勇気があり、そして、親を早めに迎えに来させなかった正しい判断があったからこそ、死亡者ゼロという素晴らしい結果に繋がった思います。

 やはり、大人だけでなく子供も地域を知るということは大切であり、そして、何よりも先生をはじめとする、大人と子供の信頼関係が極めて重要である、ということを命懸けで私たちに教えてくれた出来事でした。

 最後にこの感動の話を教えて下さった語り部さんのご紹介です。
 原発震災を語り継ぐ会 花と希望を育てる会 高村美晴氏

カテゴリ:

このブログ記事について

このページは、そえだ勝の公式 Webサイトが2016年3月 7日 12:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「半径10km圏 福島県浪江町 訪問① ~被災者語り部ヒアリング~」です。

次のブログ記事は「東京で一花咲かせた福島人の職人芸」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。