そえだの勝ブログ

選挙、4日目「そえだ勝、4つの実績」+「逆・介護保険」

10ae6ff71ee8c4e2b75c0738bb0e6ff4_s_R.jpg

今日は各小学校で入学式だったようです
午前中は有馬地区、午後は野川地区に遊説で伺いましたが、入学式の行き帰りと思われるピカピカの新入生を何人も見かけました。
ご入学、おめでとうございます!
私の長女は昨年が小学校入学式でしたが、あの感激は昨日の事のように思い出されます。
子どもたちの未来の為に頑張るぞ!と気合を入れて、でも入学式の邪魔にならないよう学校近くではマイクを切って、ご支援のお願いにあがりました。

さて、昨日は、「いま、選挙でお訴えしている「7つの政策」」を書かせていただきました。
同時に私は今回は2期目の挑戦ですので、当然、1期目のご報告もしなければなりません。

4つの政策を実現 (1)_R.jpg

過去4年間、市民のみなさんのご期待を受け止めながら、市議として行った活動は多々あります。そのようななかで福田市長とともに進めた政策で、結果を残すことができたと胸を張れると思っているのが、こちらの「そえだ勝の4つの実現政策」です。

1)約80%が身体機能の維持・改善!「逆・介護保険」本格実施

「逆・介護保険」市長に提案し昨秋より16事業者が参加でモデル事業をスタート。それにより、参加高齢者の約80%が身体機能の維持・改善!平成29年度から市内全事業者に拡大し実施予定です。

2)400人から60人へ 平成26年の待機児童大幅減へ

福田市長が待機児童を大幅減少、小児医療費無料化拡大を実現しましたが、それを「議会で支えた議員」が私です。民間活力を最大限活かす中学校給食導入同様、「最小の税負担で最良の質を守る」を合言葉に行動しました。

3)「いのちを守る」議員立法」市議会初の2本成立 2児の父・介護福祉士として「いのち」を再優先

議員立法(議員提案条例)で、児童虐待防止条例(事務局長)・自殺対策推進条例(健康福祉委員)を原案作成から行い提案し成立。議員として、チェック機能だけでなく、議員立法に力を入れてきました。

4)27年度は55億円の財源ねん出 常に財源の裏付けを主張

私は、福田市長の行政改革をともに推進して、55億円の財源ねん出に貢献しました。財政の裏付けを常に意識し、「借金を増やさないサービス推進」を目指してきました。

特に介護福祉士として勤務してきたときに感じた「現行介護保険のあり方の矛盾」を改善するための「逆・介護保険」の提言・実行には最も力を入れてきました。介護現場や大学・行政などでの20回を超える講演を行うなどの働きかけを行ったことで、参加事業者が16から100事業者まで増えたことは大変嬉しく思います。
他にも待機児童問題など、数値でわかる結果を残すことができました。

しかし、改善されたから終わってよい政策はひとつもありません。なお道半ば。
これらの政策も含め、昨日ご提案した「そえだ勝 7つの政策」実現のため、福田市長とともにがんばって参ります!!


===

また、『そえだ勝が「逆・介護保険」を提唱するワケ』が、こちらはわかりやすいマンガになりました!ぜひあわせてご覧ください!

gyakukaigo_R.jpg

こうして活動の報告ができるのも、前回、議席をいただくことができたからです。
そしてまた4年後、同じようにできるかは、読者の皆さまにかかっています。

2015-04-03_16-02-04_R.jpg

川崎市議選(宮前区)の投票日は今度の日曜、12日。
ご予定がある方は、期日前投票で毎日投票ができます(区役所向丘出張所)。
ぜひお力添えをそえだ勝にお願い致します!

☆そえだ勝Facebookページも宜しくお願いします☆

カテゴリ:

このブログ記事について

このページは、そえだ勝の公式 Webサイトが2015年4月 6日 21:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「選挙戦、3日目「そえだ勝、7つの政策」」です。

次のブログ記事は「選挙、5日目「選挙戦、折り返し地点まで」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。