そえだの勝ブログ

「逆・介護保険」、故郷へ発信! ~郡山市長との対談~

先日、私とは逆に「福島側から川崎と福島の架け橋」になっている、今井さんのご紹介で、逆・介護保険について、福島県郡山市 品川市長にお伝えする機会を頂きました。

 ご参考までに今井さん訪問時のブログ


141124_01.jpg

品川市長は元中央省庁の方にしては珍しく、型破りな市民派市長です。B1グランプリを誘致したり、市民活動をとことんまで後押ししたりなど、中央官僚っぽくないところが、私も共感し、また、兄貴分の福田市長とも相通ずるところを感じました。

141124_02.jpg

当日は川崎での「逆・介護保険」の進捗と簡単な中身についてご説明をさせて頂きましたが、品川市長は真剣に耳を傾けてくださり、詳細な資料がほしいとおっしゃってくださいました。

141124_03.jpg

郡山でも「逆・介護保険」の検討を進めたいとおっしゃって頂き、「郡山では、逆「快」護保険=心と体の快さ(こころよさ)を護る保険としてやってみようかな」と、ユーモアセンスもまた、魅力的でした。

141124_04.jpg

また、郡山で行おうとしている、「社会福祉法人に対する経営分析」については、こちらが学ばせて頂きました。すべての社会福祉法人に、経営分析(経営課題を明らかにするため、財務諸表の情報を収益性や安全性・生産性などの観点から分析し、改善点を見つけ正していくこと。いわば、会社の健康診断です)の要素が備わっているとは必ずしも言えないので、そこに目を付けたのは正しい観点だと感じました。

その一環として、「逆・介護保険」を検討していくそうです。その地域その地域に合った形で、逆・介護保険が広まっていくことは、「地方からの日本介護改革」につながっていくと思います。

141124_05.jpg

昨年の9月、既存政党や組織団体を相手に戦った市民市長として、まさに福田市長と同じ構図の選挙、「大艦隊と手漕ぎボートの戦い」を勝利した品川市長には、とても学びが多く、また、非常にシンパシーを感じた訪問となりました。

カテゴリ:

このブログ記事について

このページは、そえだ勝の公式 Webサイトが2014年11月24日 15:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「いくつになっても女性の楽しみはおしゃべり ~ふれあいサロン・さつか~」です。

次のブログ記事は「学生勉強会 女性経営者編 ~同期の吉田史子議員来所~」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。