そえだの勝ブログ

お水を飲んで、認知症を治そう! ~普段の心がけが大切~

先日、認知症対策の権威、竹内先生との対談をしましたが、その中の捕捉で簡単に認知症対策についてです。

141111_02.jpg

そえだ
先生が実践されておられる認知症対策はどんなものでしょうか。

竹内
認知症は治らないと言われますが、私は「普段の体調管理を良くする」ことで、認知力を回復させるケアを推進しています。

そえだ
具体的にはどんなことをすればいいのですか。

竹内
水分=1日1,500ml以上
食事=1,500kcalの食事
排便=水分補給で便秘の解消
運動=外出・散歩など

身体的活動が低下すると認知機能も低下します。身体的活動が低下する要因として、水(水分量の不足)食事(低栄養)排便(便秘)運動(運動の不足)があります。

これらは、それぞれ関連性があります。認知症の予防や重度化を防ぐ意味でも、これら4つの基本のケアを改善しましょう。それだけで、症状は大きく改善していきます。

そえだ
私も介護現場では、よく水分補給のお手伝いはしていました。でも、そうした理論をちゃんとは理解していませんでした。それを知ってお手伝いするのと知らないのとでは、ケアの質もおのずと違ってきますね。


具体例はまた、次の機会にお書きします。

カテゴリ:

このブログ記事について

このページは、そえだ勝の公式 Webサイトが2014年11月13日 11:24に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「逆・介護保険」調査 ~「最幸福寿プロジェクト」、実質的リーダーとの対談~」です。

次のブログ記事は「いくつになっても女性の楽しみはおしゃべり ~ふれあいサロン・さつか~」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。