• TOPページ  >  
  • そえだ勝ブログ  >  
  • 介護職は縦割りでなく、横ぐしであるべき ~介護サービス事業者協議会設立に向けて~

そえだの勝ブログ

介護職は縦割りでなく、横ぐしであるべき ~介護サービス事業者協議会設立に向けて~

先日、幸区のある介護事業者の方と議論させて頂き、面白い視点に気づかされました。当日は、新しい川崎の会の同志、幸区の吉田史子議員とともにお話しさせて頂きました。私が以前、幸区の事業者連絡会で「逆・介護保険」の講演を致した際にご縁を頂いた方です。
 
141107_01.jpg

今、川崎市の介護事業者には、既述のように事業者連絡会というものが存在します。これは各職種別の事業者連絡会であり、より、専門性を高めるという意味では非常に意義あるものといえます。

例えば、ケアプランをたてる職種の人たちの「ケアマネジャー連絡会」、同じように「訪問介護連絡会」「通所介護(デイサービス)連絡会」「福祉用具連絡会」などなど、各職種別、つまりはそれぞれ縦割りの団体が存在します。

それを踏まえて、その日に議論になったのが、そうした「縦割りではなく、横ぐし」、つまり、「各職種別ではなく、各職種混成チーム」を作るというもの。この発想は極めて重要です。

なぜならば、医療や看護も同様ですが、介護職もそれぞれが専門特化していくことは大切である一方で、「どうしてもそれぞれの職種がそれぞれの視点からしかものが見えなくなりがち」であることが以前から指摘されていました。

そこで、それぞれの職種が一堂に会して議論を行う場を設置することは極めて重要と言えます。それを神奈川では茅ヶ崎、他には千葉県や福岡県や滋賀県などの基礎自治体(市町村)で行われています。

その結果、それぞれの職種が違う立場の職種からの視点も知ることができ、それぞれが他職種との連携がしやすくなったという効果が出ています。

141107_02.jpg

それはつまり、誰にとって一番有益かというと、間違いなく利用者です。すなわち、それぞれの職種が自分の「職種」という立場を超え、他職種を理解することにつながり、最終的にはそうした職種を超えた人たちが一つになって連携する最大の共通点は、「利用者そのもの」となります。

自分の職責は勿論、それ以上に大切なことは「プロとしての自分の視点」よりも、「他を職種をも理解した利用者視点」であると考えます。ゆえに、こうした横ぐしになる協議会作りには、努力していきたいと思います。

なお、有効性ある協議会を設置した自治体に共通していたことは、その協議会作りに一番尽力したのは行政とのことでした。行政が他職種同士を結び付けるコーディネーターとしての役割を果たしたようです。私もそこは大きな責任を感じておりますゆえ、ましてや元介護士ですから、一層、肝に銘じて活動してきたいと思います。

カテゴリ:

このブログ記事について

このページは、そえだ勝の公式 Webサイトが2014年11月 7日 11:28に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「たまには国際派!? ~スリランカ要人の市長訪問~」です。

次のブログ記事は「「逆・介護保険」調査 ~「最幸福寿プロジェクト」、実質的リーダーとの対談~」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。