そえだの勝ブログ

厚労省も注目の介護予防事業 ~「すずの家」見学~

先日、野川にある民家改修型介護予防デイサービス「すずの家」さんに行ってきました。

1022_001.jpg

1022_002.jpg

ここでは、職員の方が手とり足とりの支援ではなく、基本的には「自分で考え、自分で行動する」がモットーであるため、参加される方の自立の支援に非常に重きをおいていました。

1022_003.jpg

例えば、写真の編み物は、職員の方が教えるのではなく、見本を置いて、ほぼその通りに作ってもらいというものです。作り方は一切教えず、自分たちで工夫しながら、完成を目指していきます。

これは手先を使うことで、手先の器用さなどの肉体的側面だけでなく、「自分の頭で考える」ということにより脳の活性化にもなりますから、認知症予防にも大いに役立ちます。

1022_04.jpg

食事も手造りでとてもおいしく、薄味で脂っこくない、高齢者の方々にはとても食べやすいものであると同時に、しっかりカロリーも摂取できるものでした。私はおかわりをしてしまい、またもや、カロリーオーバーになってしまいましたが(汗)。。。。

1022_005.jpg

1022_006.jpg

驚いたことに、90歳超えの人が何人かいましたが、その方々も含め、なんと、全員が完食していました。すずの家さんは、実際に要介護度が改善する方が多数おられるということです。
 
私は改めて、こうした高齢者を元気にする介護に対して応援していく「逆・介護保険」を成功させねばと強く感じました。今の介護保険が「高齢者の方を元気にしないほうが事業者は潤う」という矛盾をはらんでいることに対し、引き続き、川崎から挑戦していきます。

カテゴリ:

このブログ記事について

このページは、そえだ勝の公式 Webサイトが2014年10月22日 11:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「金融業についての学生勉強会  ~入間から埼玉県、そして日本を変える男登場!~」です。

次のブログ記事は「親の介護に不可欠なエンディングノート ~こがも会ティーセミナー~」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。