そえだの勝ブログ

子育てサロン ~小さい子を持つ親父の一人として~

先日、犬蔵にある、1歳前後のお子さんを持つ親御さんが集まる、子育てサロンに行ってきました。

140921_01.jpg

犬蔵という場所は、私の長女も今年卒園して現在は年少の長男が通う、ゆりかご幼稚園があるところであり、何かと、自分自身も親としてお世話になっているところです。

また、犬蔵は同志の福田市長も住んでいるところであり、さらに市長はゆりかご幼稚園の親父の先輩の一人でもあります。その意味でも、今回、お邪魔させて頂けたことは、市長から「子育て世代の方の生の声を聞いて僕に伝えて」と言われている立場、そして、犬蔵に親父として絡む立場ゆえ、公私ともに大きな意味がありました。

この地域は子育て世代が急激に増えているため、保育園の不足を懸念される切実なお声など、多くの子育てに関する多くの率直なご意見も頂けましたので、引き続き、市長とともに、「子育てするなら川崎と言わせてみる」をモットーに努力していきたいと思います。

140921_02.jpg

さて、当日は単なる子供好きな親父として、ちょっとプライベートな気分になったのも事実です(笑)。。

私の子どもはすでに、富士見台小学校1年生長女とゆりかご幼稚園年少長男ですから、そこにいた子たちは1歳前後であり、その意味で私はなんとも懐かしい気分となり、単なる見学のはずでしたが、思わず頼まれてもいないのに、下手の横好き(「下手くそなのにやたらに好き」という意味です)ですが、子供のお世話役を買って出てしまいました。子供が小さい時を思い出させてもらい、仕事も忘れてとっても楽しいひとときともなりました。

140921_03.jpg

さて、このサロンは犬蔵地域の皆さん(往年のお父さんお母さん!?)がまさに、ボランティアで行っている、素晴らしい活動です。そのサロンは、初めてお母さんになった若い方のために、同じ悩みを持つお母さん同士の憩いの場であり、そして、ボランティアの方々がかつての子育て経験をもとに若いお母さんのよき相談相手となり、地域皆で子どもを育んでいこうという取り組みであり、新米ママたちにはとても助けになるサロンです。

こうした地域の力で未来ある子どもたちを育てていこいという活動は、まさに、福田市長とタッグで推進している「地域力の活用」としっくり一致します。引き続き、こうした地域力で、少子高齢社会を盛り上げていこうという活動を応援していきたいと思います。

カテゴリ:

このブログ記事について

このページは、そえだ勝の公式 Webサイトが2014年9月21日 10:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「決算議会がスタート。会社でいう株主総会 ~議員は株主ではなく、社外取締役~」です。

次のブログ記事は「在宅介護者の集い ~在宅での介護は一人で抱え込まず、みんなで支えよう~」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。