そえだの勝ブログ

「市民力」ここにあり! ~宮前ガーデニングクラブ~

先日、宮前ガーデニングクラブの皆さんが主催する、秋の花植えイベントに、子供とお邪魔してきました。
このクラブの皆さんは、宮前平駅前の花壇やその付近の路肩の花壇等をボランティアで整備されておられる皆さんです。
その活動の中で、小学校付近の空き地を花や食物の畑に改装し自主管理しているものがあり、今回はそこに子供たちを招いて、秋の花植えイベントを開催しました。

IMG_0296.jpg

また、花植えだけでなく、
木の実などを使った工作なども子供たちに手ほどきし、みんな一生懸命、取り組んでいました。

IMG_0290.jpg

さて、こうした取り組みは、今の自然の少ない、そして、地域の繋がりが薄い現在では、子供にとって本当に意義あることだと思います。また、ITが発達し過ぎてしまったが故、実物に触れることが少ない時代だからこそ、さらに意義があると思います。

また、くどいようですが、金を出せば何でも便利に手に入る時代において、手作りの以下のようなものを大人が作ってみせることも非常に大切だと感じました。

IMG_0292.JPG
手作りのソーラー発熱器

IMG_0293.JPG

こうしたことを大人が身を持って示すことこそが、子供に対して、与えられた状況の中で、工夫することの大切さを理解させていくことに繋がっていくのだと感じました。まさに、「ないものねだりではなく、あるもの活かし」の発想。こうした、きめ細かい対応は、とても行政では及ばないことであり、やはり、そこは地域を知る、「市民力」が極めて有効なのだと感じました。また、地域の市民力の中心は、いわゆる「高齢世代」の方が中心のため、現在の核家族化の時代だからこそ、それは多世代交流に繋がるといえます。その意味では、一石二鳥、三鳥の効果があるといえるでしょう。

今後、福田市長は、こうした高齢者世代の方のボランティア活動を後押ししていくとの方針ですので、私もこうした「市民力」を議会側から応援していきたいと思います。




カテゴリ:

このブログ記事について

このページは、そえだ勝の公式 Webサイトが2013年11月22日 13:23に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「自主的に運営する学童保育の現状」です。

次のブログ記事は「福田市政の介護政策① ~切り札は介護予防~ ⇒コスモスの家(有馬小学校内)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。