そえだの勝ブログ

川崎の生活保護不正受給が倍増

先日、予算委員会で、08-09年度にかけて生保の不正受給が倍増していることが判明しました。

これはメディアにも取り上げられ、市民の皆さんからの反響も多かったのですが、こうした事実が今頃になって発覚したことのほうが驚きです。


もそも生活保護費とは、「働きたくても働けない方」への最後のセーフティーネットであり、この制度自体はとても素晴らしいものです。

しかし、それを逆手に取り、「働けるのに働かない人間」が不正受給をすることは大きな問題であり、制度の信頼を揺るがしかねない事態です。

不正受給の具体的な手法としては、生活保護受給者は本来、働けませんが、行政に隠れてアルバイトをし、そのバイト代をもらい、そして、生活保護費も満額受け取るというものです。

これはとんでもない話であり、そんなことがまかり通れば、財政がいくらあっても足りない状態となり、それこそ、本当に生活保護で守らなければならない方を、「守りたくても守れない」状況になりかねません。

だから、不正受給は、本当に守るべき人を守るためにも、絶対に許してはいけないのです。

生活保護制度を持続可能なものにし、最後のセーフティーネットとして、これからも機能させていくために、引き続き、不正者とは戦っていきます!

カテゴリ:

このブログ記事について

このページは、そえだ勝の公式 Webサイトが2012年3月12日 22:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「児童虐待防止勉強会」です。

次のブログ記事は「若人よ、お疲れ様!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。