そえだの勝ブログ

11/09/27 22年度の税金はどうなった?

今、川崎市議会は、22年度の税金がいかに使われたかをチェックする、 決算委員会のまっただ中です。 私は昨日、質問に立ちました。 おもに2点、病院事業会計と自動車運送(市営バス)事業会計について、 問いました。 ちょっと長くなるので、2日に分けて書きます。 まず、1点目の病院事業会計について、本日は書きます。 病院事業の決算は、5年ぶりの黒字。 自治体病院の7−8割が赤字の中、それは率直に評価できます。 しかし、川崎市立病院には、実は、表には出ていなかった 多額の欠損金(不良債権)があることが判明。 それは、主に、診療後の3割の自己負担金です。 その額、約3.1億円。このまま、放っておけば、 いつの日か、それは我々の税金で穴埋めされてしまいます。 しかし、その欠損金は今まで、丸めた形で公表されていたため、 表には出されていませんでした。 市側も、今まで積極的に公開していなかったことを自ら認め、 それが昨日の質問時に発覚しました。 私は、それを今後は積極的に公開していくべきと、さらに 問い詰めました。今後、市側がどのように情報を公開して いくのか注視していきたいと思います。 やはり、行政にとって、都合の悪い情報ほど、積極的に 公開すべきであり、いつまでも隠ぺい体質では、市民からの 信頼は得られません。 また、今後の自治体病院の在り方は、行政だけでなく、市民と 一緒に考えていくべきであり、その第一歩が情報公開にある ことは確かです。 産・小児科・救急医療等の政策医療の担い手は、やはり、 公共的な色彩が濃い病院にしかできません。 私は、これからも自治体病院を守っていくためにも、あえて厳しく、 行政に相対していきたいと思います!

カテゴリ:

このブログ記事について

このページは、そえだ勝の公式 Webサイトが2011年9月27日 18:23に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「11/09/13 高校生と政治談義!?」です。

次のブログ記事は「11/09/28 22年度の税金はどうなった?②」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。