そえだの勝ブログ

11/06/24 川崎の石油コンビナート問題をタウンニュースに寄稿

川崎は、ご承知の通り、石油コンビナートが南部には密集しています。 それゆえ、早急なる耐震化や液状化の対策が必要です。 詳しくは下記をご覧くださいませ。 --------------------------------------------------------------------  先日、某大学で首都直下型地震が起きた際、東京湾に面する数々のコンビナートが被災し、東京湾に石油が流出、海洋汚染はもちろん、最悪のシナリオとして火力発電所の被災、出火による大火災も想定され、首都圏は大きな打撃を受ける可能性があると知らされました。  石油コンビナートは、昭和30年代に埋め立て建設されたものが多いのですが、当時は液状化の問題は意識されていなかったようです。  液状化現象が着目されだしたのは、昭和40年代に入って以降といいます。  川崎の旧基準で作られたコンビナートの耐震化は、市の地震防災対策戦略によると平成22年12月現在、1万キロリットル以上のタンクでは100%、1千キロ以上1万キロ未満で82%、5百キロ以上1千キロ未満で37%とされています。今後、1万キロ未満は25年12月末、1千キロ未満は29年3月末を期限に早期改修を進めるよう指導をしていくとのことです。  また、その他、石油コンビナート等特別防災区域では自衛防災組織や共同防災組織と連携し、対応力の強化を図るとしています。  耐震化や液状化対策などは莫大な費用が掛かります。市民の安全、首都の海を守るための施策に対し、その負担を民間と行政とでどうするのか、我々政治家は考えていかねばならないと、改めて思わされました。

カテゴリ:

このブログ記事について

このページは、そえだ勝の公式 Webサイトが2011年6月24日 18:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「11/06/19 等々力の避難所を訪れてきました。」です。

次のブログ記事は「11/07/03 久しぶりに元気な地元のウーマンたちを見ました。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。