そえだの勝ブログ

11/05/14 放射線、まだまだ予断許さず

本日午前は昨日に続いて瓦礫の撤去作業を行いました。  途中、雨がぱらつく中での作業となりましたが、放射性物質にさらされながら暮らす人達のことを思えば、作業を中断する気にはなれず、なんとか、午前中はやりきりました。  午後からは、現場リーダーの判断により、中止となったので、午後は地域における原発の調査のための時間と致しました。
110514a.jpg 20k圏域におけるバリケード 110514b.jpg 20k圏内の主な被災状況〜赤色が被災の厳しい地域
 もちろん20k以内は入ることができませんので、圏域の瓦礫撤去はまだ、進めることができません。  とはいえ、原発周辺自治体の放射線濃度はそれほど高くはなく、南相馬は1マイクロシーベルト(以下「mSv/h」と標記)未満。  しかし、その周辺自治体である40−50k圏の郡山市や福島市、そして私の故郷である石川郡等は、風の影響により1mSv/hを連日、超えている状況です。  南相馬での明日の作業後、故郷等を中心に、周辺自治体の状況を見ていきたいと思います。

カテゴリ:

このブログ記事について

このページは、そえだ勝の公式 Webサイトが2011年5月14日 22:14に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「11/05/13 本日から3日間南相馬で活動します。」です。

次のブログ記事は「11/05/15 原発から40−50k地点を回ってきました。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。