そえだ勝ブログ

2011年3月アーカイブ

110330.jpg  4月3日(日)終日、鷺沼駅周辺にて、「えほんを送ろう!被災地へ」のイベントを行います。  ご家庭に眠る絵本がありましたら、ぜひ、「えほんを送ろう!被災地へ」(写真参照)の「のぼり」のところへお持ちください。  福島県出身者として、責任を持って被災地へお届け致します。  福島の行政の友人たちから、「子供たちのために、えほんを集めてくれ」という要望を受け、この活動を始めることにしました。  今回の震災復興は一過性のものではなく、かなり長期戦になりますので、このイベントは、選挙の後も行います。引き続き、ご協力の程、宜しくお願い致します。

11/03/28 義援金活動への感謝

110328.jpg
 みなさんこんにちは。  そえだ勝です。  28日現在、義援金が1,173,898円となり、前回に続いて、再び、福島県庁の義援金口座に振り込みました。  福島県出身者として、本当に感謝しております。  この宮前区内にも、私の甥っ子同様、福島から避難をしてくる方が非常に多くいらっしゃり、そうした方から感謝のお声をかけて頂く機会が増えました。  ただし、これは私が感謝されることではなく、温かい思いを義援金という形で託してくださった皆さんのお陰です。  私は福島県出身者で、この活動は当たり前のことであり、これからも自分の責任において、やり続けて参りたいと思います。  引き続き、宜しくお願い致します。
110323.jpg みなさんこんにちは。  市政を志す、そえだ勝です。  宮前区の皆さんのおかげで、4日間で1,036,064円を集めることができました。 3月17日 153,451円 3月18日 151,696円 3月19日 434,513円 3月20日 296,404円 −−−−−−−−−−−−−−−  合計 1,036,064円  昨日、福島県庁の県人会担当の口座に振り込みました。  福島県出身者であるゆえ、福島県人会としてのたった1人からはじめた義援金の活動も、多くの方にご賛同頂き、ボランティアでお手伝いをしてもらいました。  政治活動とは切り離して、福島県出身者としてのこの活動には、多数の宮前区民の方々にお力添えを頂きました。  「頑張ってね」「少しでも役立てて」「福島の人なら頑張らなきゃね」等々、義援金だけでなく、有難いお声掛けを、本当にたくさんの方から頂きました。  福島県に生まれた人間として、宮前区の皆さんの温かみが本当に心に沁みる思いがしました。  改めてこの場を借りて、御礼致します。本当に有難うございました。
 みなさんこんにちは。  市政を志す、そえだ勝です。  我が故郷福島県が被災した翌日、私は介護福祉士として、被爆危険地域の最前線の避難所に生活支援に入ったことは述べました。  被災者の方から、燃料不足の他に、被災により財産を失い交通費がなく福島を出られない、という声を少なからず、聞きました。  そこで、宮前区でも出来ることはないかと考え、福島県出身者として、義援金を集め始めました。  たった1人から始めた活動も徐々に賛同者が増え、1日に10名以上のボランティアさんにお集まり頂きました。 そして、多くの方に義援金のご協力も頂き、福島県人として、嬉しく心強く思いました。  宮前区の皆さん本当に有難うございました。
 みなさんこんにちは。  川崎市政を志す、そえだ勝です。  本日付で、タウンニュースに「福島人としてお願いしたいこと」と、銘打って投稿させて頂きました。 110318.jpg  私自身が被爆危険地域のすぐそばに実家があるため、内容としては、宮前区の方々に退避場所としての受入について、いろいろとお願いさせて頂きました。  とはいえ、そのほかにもできることはないかと考え、昨日から政治関係者としてではなく、被災地の「福島県人」として、募金活動をはじめました。  賛同してくださる方は多く、かわいいお子さんから金髪の若者、そして、ご高齢の方々まで、老若男女問わず、募金してくださいました。  正直、福島県人として、涙が出るほど嬉しく、そして本当に有難く思いました。  これからも政治活動とは切り離して、ライフワークとして続けて参りたいと思います。  皆様のご協力を宜しくお願い申し上げます。  なお、本日寄せられた義援金は福島県の福島県災害対策本部へ送金させて頂きます。  本当にありがとうございました。
東北関東大震災で被災された方々に 心からお見舞い申し上げます。
 さて、今回は政治という立場ではなく、被爆危険地域のすぐ隣、福島県石川郡(福島第一原発から半径40-50k圏)出身者として書きます。  私は自分の故郷である福島県が被災地というだけでなく、被爆の危険性があるという情報を受け、震災翌日、福島の原発被災者避難所へすぐに駆けつけました。  実際に、介護福祉士として、自分にできることは何かを考え出来る限りのことはしました。  入浴ができない要介護者への入浴支援や清拭支援、排泄介助など、現場で介護士に求められたことは全て行いました。  しかし、そんな中、原発の猛威はそれをも吹き飛ばす事態となり、3月15日18時現在、屋内退避が20kから30kに拡大されました。実際に私の携帯にも知人から、「とにかく福島から離れねばならない」という助けを求める連絡が複数入りました。  また、私の祖父母や兄夫婦、友人たちはもちろん、幼い甥たちをも被爆の危機にさらされています。  それゆえ、これから自分にできることは何かを考え、政治関係者という立場ではなく、福島県人という立場から、支援の輪を広げていければと考えております。

11/03/09 駅立ちの反省

 皆さんこんにちは。  川崎市政を志す、そえだ勝です。  先日、「朝の駅頭で通行される方の前に飛び出さないで」というお声がありました。  1人でも多くの方にチラシをお渡ししたいという思いから、気づかぬうちに、お急ぎの方の前に飛び出してしまっているのは、確かにこちらの反省です。  申し訳ありませんでした。以後、気をつけます。  また、そのほかにも多くの方から、叱咤激励のコメントを頂戴することが増えてきました。  これも私をご注目頂いている証左であり、本当に有難く思っております。  ただ、こういう時こそ舞い上がらずに、焦らず一歩一歩着実に活動して参りたいと思います。
110306.jpg  皆さんこんにちは!  川崎市政を志す、そえだ勝です。  さて、昨日今日とポスティング大会をやりました。  地元の応援団の方、大学時代の友人、介護現場時代の後輩(わざわざ名古屋から)、大学院時代の後輩などなど、10数名の方にお集まりいただき、盛大に「そえだ勝 大ポスティング大会」を行うことができました!!  地盤・看板・カバンない私にとって、こうした手弁当で来てくださるボランティアの方々が何よりもかけがえない戦力です。  写真は昨日のものですが、宮前平駅前で夕立ちを行い、そえだのイメージカラーであります、「燃える熱い男の赤」にちなんだ、赤色ジャンパーを着て、皆さん一生懸命にビラを配ってくれました。本当に感謝です!有難うございました!!
110302x.jpg  みなさんこんにちは。  川崎市政を志す、そえだ勝です。  本日は宮崎台駅前で夕立を行いました。  いつもながら、寒風吹きすさむ中でも、絶対にコートを着用せず、手袋もせず、気合いで立っておりました。  そんな中、1人の女性の方から、「寒い中、本当にご苦労さまですね」と話しかけられ、私と学生ボランティア分の缶コーヒーを頂きました。  かじかむ手を震わせながら頂いたコーヒーの味は、体の芯から温まったと同時に、心が和む思いになりました。  4月の本番を目前に徐々にピリピリとしたモードに変化する中、ひとときの癒しの時間を頂きました。本当に有難うございました!!  こうした応援してくださる方の温かさを胸に、引き続き、走っていきます!!
 みなさん、こんにちわ。川崎市政を志す、そえだ勝です。  なかなか、ブログを更新できなくて、申し訳ありません。  そして、本日はそれに追い打ちをかける内容です。  実は私、そえだ勝、皆さんからのコメント、本日、初めて拝読いたしました。それに関し、まずは心からお詫びします。  本当に申し訳ございません!  さて、なぜ、そうなったかといえば、理由はお恥ずかしながら、ごくごく単純です(汗)。。。実は私、タイトルにあるように、「超アナログ人間」であり、「コメント」の見方がわかりませんでした。  本日、支持者でボランティアのブログ管理者の方から、「コメント溜まってるから早く対応しろ」と叱られて、本ブログに至っております。はじめは何を言っているのかわかりませんでしたが、コメントの見方を教わり、本日、皆さんの温かいお言葉、全て確認いたしました!!  お名刺交換をさせて頂いた方、私にご関心をお持ち頂いて介護についてのご意見を下さった方、実際に在宅で介護をされておられる方、約20年ぶりの中学時代の同級生、私の駅立ち姿に共感して下さっている方などなど、先程、一気に皆さんのコメントを読破しました。見ていて下さっている方々がこんなにもいるんだと思うと、本当に有難く、感極まるものがありました。  そして、今回の戦いがもはや、自分だけのものではないことに気づかされました。  そうした、皆さんのご期待にそうべく、残り1カ月、さらに全速力で駆け抜けていきます!!

このアーカイブについて

このページには、2011年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年2月です。

次のアーカイブは2011年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。